忍者ブログ

想学談林―管理者のブログ

50代に突入した創価学会の元活動家のブログです。 日蓮や仏教の事について、日々考えていますが、その事についてはこのブログとは別に、「想学談林」というホームページにまとめています。 ここでは日々に考えた事についてつらつらと書き連ねています。

【20180214】仏界ばかりは現じがたし

こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

今日はバレンタイン・デーですね。

学生時代には何かとそわそわした日でしたが、二十歳を越えて男子部の時には、一切無縁でした。

では壮年部になってからはどうかと言えば、これがもうそんな感覚は皆無。最近なんかは「義理チョコ」も職場では禁止となっていますからね。

あー、でも昨日嫁から明治の板チョコ貰いましたよ。

さて本題です。

「仏とはまけじ魂だ」という言葉が、Twitterでありましたが、この言葉は僕が青年部の時に良く聞きました。

人生、苦闘の最中にあっても、「コンチクショー!負けてたまるか!」という心が、人生を勝利に導くとか。
だから仏界とは「負けじ魂」だと指導してました。

「但仏界計り現じ難し九界を具するを以て強いて之を信じ疑惑せしむること勿れ、」
(観心本尊抄)


天台大師は十界論と十如是、そして三世間を組み合わせて、人の心の実相を一念三千として構築しました。

その基礎である十界論は天台宗の仏祖統記に書かれていますが、その出展は明確では無いようです。
この十界論では地獄から菩薩までの九界を示してまして、同列に仏界というのも書かれています。
しかし他の九界については具体的に人の心がどの様な状況なのか、随所に述べられてますが、仏界をだけは具体的に書かれていません。

先の本尊抄でも「九界があるから、仏界も有るんだ!だから信じろ!」という、いわば乱暴な言葉で語っているわけです。

僕が思うに仏界と他の九界を並べて語るからおかしくなると思いますよ。

例えば開目抄の以下の御文。

「九界も無始の仏界に具し仏界も無始の九界に備りて真の十界互具百界千如一念三千なるべし」

ここでは仏界と九界は互いに包含関係の様に語られています。

また法華経如来寿量品で明かされた久遠実成では、久遠の昔に成仏した釈迦は、この裟婆世界において、九界の中で常に生きてきた事を明かしていますよね。

「成仏の姿を目指す」これは爾前経の世界観であり「成仏は前提の事」が本門寿量品の世界観という考え方ではないのか、最近の僕はそんな事を考えています。

だから「本覚思想」という事で、教学的な理論で騒ぐ事も、少しずれている感を感じたりもするのです。

「人が無作で仏と云うなら、仏道修行に意味が無いではないか」

過去にこの様な話も聞いて、だから本覚思想はおかしいという理論もありましたが、そもそも仏という「境涯」を求めると考えるから、辻褄が合わなくなる様にも思えます。

少し角度を変えて。
例えば数多くある臨死体験の人が語らう内容には、自分が死んだという後に、全ての事を理解できたという人が以外と多くいます。死後の世界では思考した事、疑問に思った事が瞬時に答えとして与えられる。

だから臨死体験をした脳外科医のアレクサンダー・エベン氏は、そこで知り得た事を書き残したいとも語ってました。

ただ難しいのが、知り得たことが、言葉では巧く表現する事が出来ないという事も言ってましたが。

また「現代の神話、輪廻転生」の著者のフィッシャー氏も、臨床体験の中で数多くの人が、死後から生の間の中で語った内容には、そこにはなに不自由無く、全てを理解出来たと語るそうです。
しかしここでも先のエベン氏同様に、その「あの世」で理解・体験した事は言葉に出来ないそうです。

そもそも生命で体験した事を、普遍的な平易な言葉では表現できないという事でした。

つまり現在の処の結論はこうです。

人間は心の奥底では人生の意味、生きる意味を万人が理解出来ていて、そこには個人レベルを越えた、生命としての命題があって、しっかりとした意味と目的を持って生まれてきています。

しかしこの世界に生を受けるとき、これら記憶や知識は一切合切「思い出せない」事になるようです。

だから人々は人生の不如意を嘆き、多くの苦悩で苦しむということ。
でも本当の意味で言えば、この人生で受ける苦悩とは、自分自身が「あの世」で求め設定したことであり、そこにはしっかりと意味と目的がある。

人間、実は心の奥深い処では、しっかりとその事を理解している処があって、そこを仏教では「仏界」とも「九識心王真如の都」と天台宗の教えでは表現した。

そういう事ではないですかね?

だから仏界をあたかも九界と同列に語り、「負けじ魂こそ仏界だ!」という理屈は、何か陳腐な言葉に聞こえてしまうんですよね。

「仏界計りは現じがたし」はそこからみれば当たり前で、仏界とは心の働きや動きではなく、そもそもその本質であれば、人間の知覚として感じる事の出来るものではない。

そんな事ではないですか?

拍手[11回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
運ちゃん
性別:
非公開

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
3
4 5 6 9 10
12 13 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

忍者カウンター

P R

ブログ内検索